11.30.2015

ご来場ありがとうございました

先日の新築住宅完成見学会(オープンハウス)では、

両日とも、深谷市の近郊の方やはるばる東京方面からと、

沢山の方々にお越しいただきました。

この場を借りて、お越しくださった皆様とお施主様に御礼申し上げます。




写真は見学会のときのスナップ




当日は肌寒い天候でしたが、建具を開け放って、

デッキとサンルームが一体となった空間を感じていただきました。 




小上がりからサンルーム:こちらは自分のデジカメで撮った写真です。

サンルームにはレッドシダーの羽目板を使って外っぽい雰囲気を出しています。







外観夜景:こちらもデジカメで撮ったものです。外壁はガルバリウム鋼板の波板です。




お引き渡し前日に建築写真家さんに竣工写真を撮ってもらいましたので、

写真の完成版は後日ホームページに掲載いたします。






学生時代の友達も栃木から来てくれて、奥さんの実家(シクラメンの生産者さん)の立派

なシクラメンをいただいた。




シクラメンは、ボリューミーなお姫さまのドレスのような葉のなかから

ひょこりでてくる蕾がとてもかわいい。






11.20.2015

完了検査とオープンハウス

深谷市U邸の完了検査(役所)、施主検査、設計検査を行いました。

何度住宅の設計監理を行っても緊張の瞬間です。





図面やサンプル等で細かく打ち合わせしていても、
お施主さんの思っていたイメージと違っていた
ということはよくあります。




さて、検査では幾つかの指摘があり、少しの残工事となりました。








今週末(11月22日、23日)はこちらの住宅のオープンハウスを行います。
ご興味のある方はぜひいらしてください。
お待ちしております!!!


予約制ですのでご連絡はこちらまでおねがいします。



 オープンハウスのご案内


今日のおまけ、
現場から早足で帰って昨夜は野宮真貴さんのライブへ。

お洒落な人が多くて、帽子率が高かった!

立ち姿だけでさながらクイーンの貫禄、

のびやかな歌声とハッピーで切ない音楽に

心から幸せなひとときでした。


11.12.2015

庭師さんの技術力

日本庭園協会の埼玉県支部主催のお茶会にお誘いいただきました。

下写真のように、庭師さんが築造した水の流れる井戸のようなモニュメントの上に

川床のような茶室が設えられてました。




当日は残念ながら雨が降っていましたが
紅葉した木々の中でいただく野趣味溢れるお茶は格別でした。


ちなみに、この井戸のようなモニュメントはコンクリートを使わずに土と石だけで土圧を
抑えて作られているそうです。

すごい技術ですね!







また、常設のお茶室もありました。

こちらは土の壁と藁葺きの屋根でできています。



思わず顔が緩んでしまう可愛らしい形の

建築家の藤森照信さんが喜びそうな風情のある茶室、

土壁はわざとヒビが入るように作られています。



構造は曲がりくねった柱梁を使いながらも14角形になるように計算され、

現場の判断でテキパキと作っていく職人さんの姿が想像されました。

技術力の賜物ですね。




今日のおまけ、

土壁に

猫のフミフミ
無為な手仕事でこちらもスバラシイ!

11.09.2015

住宅見学会のご案内(埼玉県深谷市)

この度、株式会社ボスケデザイン設計(施工:シグマ建設株式会社)の

深谷市U邸が完成し、お客様のご厚意でオープンハウス(住宅見学会)を

開催させていただく運びとなりました。




○30代家族5人(夫婦+子供3人)

○約30坪、2階建てロフト付き木造住宅


○サンルーム(半外空間)のある木の風合いを活かした子育てを楽しむ住宅です
(近隣、竣工16年のN邸も同時開催!)


郊外で伸び伸びと子育てをしたい方必見!


日時:11月22日(日)13:00〜17:00
      11月23日(祝)10:00〜17:00


所在地:埼玉県深谷市宿根(成徳高校南付近)
※詳細はご予約いただいた方にお知らせいたします。


最寄駅:高崎線深谷駅徒歩20分
  (湘南新宿ライン特別快速で新宿より80分)
   ご連絡いただければ深谷駅まで送迎いたします。


予約制:ご予約は下記メールアドレスまでご連絡ください。
    info*bosque-hacienda.com 
              (*を@に変えてください)


予約締切:11月21日(土)






ご興味ある方ぜひ見学にいらしてください。
お待ちしております!




主催:株式会社ボスケデザイン一級建築士事務所 
   中野岳人




11.05.2015

フランク・ゲーリー

六本木ミッドタウンにてフランク・ゲーリー展を見てきました。

展示は建物を詳細に紹介すると言うよりは
アイデアの源泉を示すような示唆に富む内容で、
ゲーリーの事務所に置いてあるインスピレーションを与えるオブジェクトや模型の数々。


雑然とした中にもアイデアを生むための仕掛けがあるようです。





ゲーリー先生は魚が好き


魚を手にして


魚のフォルム(こちらはクジラ)から生み出された家具の模型。


ゲーリー先生は模型を作りまくって、でてきたアイディアの好きと嫌いを繰り返しながら形にしていくとマニフェストで言っていました。


飾ってある模型のディテールを撮りました、このグルーガン命の接着方法・・・




昔、綺麗に模型を作ったら、
イメージが湧かないと作り直しされたのを思い出しました。



さて、ミッドタウンの外部スペースでは、積み木が展示されてました。

単純な三角のような形だけど、接続部の角度は巧妙に計算されているようで



大人も子どもも楽しんでいました。



さらに、無印良品による新しい小屋シリーズの展示がありました。



 3種類あって、
この真ん中の大きさの小屋は25平米とのこと、
この大きさがちょうど良い大きさだと感じました。


これ以上になると仕方なく小さく作った家に見えてくる。


 う〜ん、スケールって難しい。