3.05.2019

「秘密の花園」と「ヴィオラ母さん」

大人になってから同じ本を読んで違う印象を受けることがあります。
私にとって、古典童話の「秘密の花園」もそのひとつでした。

「秘密の花園」というロマンティックでガーリーな題名と松田聖子の「秘密の花園」の曲のイメージによって、長らく記憶がスイートなピンク色になっていたところ、再読して「あれ?こんなだったけ!」と思い返しました。

「秘密の花園」は、主人公のメリーはインドで両親を亡くし、イギリス・ヨークシャーのおじさんの家に引き取られます。その家には体と心が弱っていた少年がいました。そのふたりが、自然の力を親しみ、「育つもの」の成長に手をかけながら、生きる力をつけていくストーリーです。

その話の中で、出てくる子どもたちがとてもひねくています。わがままに育ち悪態つきっぱなしで周りの大人たちを始終辟易させています。その姿は彼らが孤独で寂しくて、自分で自分を精一杯守っているからで、それは健気な姿ではあります。

読み進めながら、そのふたりが漫画家のヤマザキマリさんやAppleのスティーブ・ジョブズの生い立ちを連想させました。子どもながら自分のトリセツを得てして、自分自身を形作ってきた突拍子もないほど個性的で魅力的な方たち。
(ヤマザキマリさんの近著、母リョウコの物語「ヴィオラ母さん」も痛快、最高でした!)

そんな彼らが自然に触れ、植物が育つ姿に関わりながら、自分たちの思い込みから脱却していきます。


また、この物語では春を待ち焦がれる設定になっています。

インドで生まれ育ったメリーと、生まれて一度も外に出たことがない病弱な少年は、まだ春を見たこと、感じたことがありません。

春ってなに?どんな匂い?春が来るってどういうこと?という期待と興奮していく様子を、冬のあいだに繰り返し読みながら私も同じ気持ちを重ねて今年の春を待っていました。




チューリップの芽が出てきた
春の雨で土の中も動き出してきた様子



黒柳徹子さんと同い年のリョウコさん。
この時代の人は本当に悲しいこととか表に出さない。
それでいて、破天荒ながら「生きてるって素晴らしい!」を教えてくれる。


ああ、春が来たなあ。