12.28.2013

やかんの湯気

今日は阿佐ヶ谷のお客様にご挨拶に伺って、そのあと現場を見にいって、
今年の仕事納めになりました。

一日外にいて底冷えして泣きそうになり、家へ帰って沸かしたやかんの湯気を目にしたら、なんとなく体感よりも先に心が温まりました。この感覚。
私たちが手がける植栽や建物も寒い日のあったかい湯気のようなそのような存在でありたいなと思った年の瀬です。なんのこっちゃでありますが、

今年も大変お世話になりました。

2013年は新生ボスケデザインとして新しいスタートをきりました。ボスケデザインを支えてくださるお客さまや、関係業者のみなさま、家族や友人に支えられ、とても充実した一年でした。

ありがとうございました。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。


☆12月29日~1月5日までお休みいただきます。
☆2014年は1月6日から通常営業


【今日のおまけ】

杉並区の公園になっている「Aさんの庭」に寄りました。トトロの住む家のモデルとなった古き趣きのあるお家とお庭があった場所です。
別名「ばらの家」と呼ばれ地域の方々にとても親しまれたお家とお庭だったそうです。

数年前に火事で建物はなくなってしまいましたが、近隣住民の方々の要望によって再建保存維持されています。
 
 
主が不在となった今では、かつての面影はいまはもうわずかでしょうが、多くの人々の記憶にはずっと宿っているのでしょう。尊いことですね。


 
寒くても元気なコトネアスター。
赤い実がたわわになっていました。

12.24.2013

今年最後の

Rさんのメンテナンスへおじゃましました。
先日お店のスタッフさんが植えた球根が至るところで顔を出していました。
植えた場所を知らないので、ここに植えたんだ!と見つけては、「どうも!どうも!」と嬉しさでにやけながら球根に挨拶。液肥をあげてまるまる太った球根に育ってほしいです!

この季節の寒さは流石に身体に堪えますが、お客さまやなによりもここでいちばん多くの時間を過ごすお店の方々が微笑んでくれたらなにより。


 
冬は葉が落ちて全体的にさみしい印象になりますが、ふだんは葉に隠れて見えない大きな樹の枝ぶりをはっきりと見ることができる時期でもあり、見上げては樹の形の美しさにほれぼれします。写真後方のカツラの樹も同じく。




 
年末まであと一週間。あともうひとがんばりです。
 
 

12.20.2013

【建築】「そば 柿ざわ」回顧録⑥


「そば  柿ざわ」回顧録、最後は⑥外構の植栽です。

設計当初、半分冗談で「柿ざわ」にちなんで「柿の木」を植えようかという案もありましたがいよいよ植栽を決めなければいけなくなった時に店主よりあっさりと却下されました。

店主の希望では「青モミジ」でした。
店主のラグビーのサークル仲間である造園屋さんに形のよいモミジを調達していただきました。
 



残暑の暑いさなかの植え込みでしたので、枯れが気になるところでしたが、店主が朝と夕方に水やりを欠かさずしてくれたことでモミジも苔もしっかり根付きました。冬の今でもに苔が青々としています。





お店の通り沿いには、並びのお店で可愛がられている先住の猫ちゃんが闊歩しています。
猫ちゃんのことも考慮して化粧砂利は大きめのものを選びました。



モダンな印象に仕上げて遊び心で四角の三州瓦をいれました。瓦の中の砂利はたまに猫ちゃんが遊んでいるのか白石と黒石が混ざっていることも・・・。


この先、お店も景色も地元に馴染んで、ご近所に方々に可愛がられるお店になったら設計者としても喜ばしいです。

ちなみに、今年は大みそかまで営業で、年越し蕎麦もご用意しているとのことです(ご予約などの詳しいことはお店までお尋ねください)。


以上、「そば 柿ざわ」回想録を最後までお読みいただきありがとうございました。







【建築】「そば 柿ざわ」回顧録⑤

「そば 柿ざわ」回顧録、更新に間が空いてしまいました。
次の紹介にもすすまなければなりませんので、続けて最後まで。

今回は⑤お店の顔となる「ファサード」についてです。
 
 
 

↓改修前のファサードはこのように。



そして、今回の設計では、外壁はいじれなかったため、装飾として「格子」を取り付けることにしました。建物は元々段状に庇がせり出ており、今回はそれをそのまま利用して、同じく段状に格子を設けています。


照明も庇部分に3箇所ありますが、同じく既存のものを再利用しています。格子の塗装には、内装と同じく「柿渋」を使用。
 
 
 ↑ファサードのディテール。大工さんが苦労して納めてくれました。



お店の看板は無垢板を店主が自らが彫り込んでつくりました。
店主は他にもお店のしつらえをつくったり、達筆なおしながきも店主の手描きで大変器用です。あのいかつい外見からは一見想像もつきませんが(失礼!)、料理のキメ細かさや美味しさに通じるものがあります。
 

12.18.2013

気づいたら年の瀬

気づいたらあっという間に「よいお年を」と言われる時期になっていました。
 
 
かわいいピンク色の枝
ロドレイア(シャクナゲモドキ)
 
クレマチスのアーマンディー。
どのくらい大きくなりますか?と生産者さんに訊ねたら、そーいえば、あそこにあったっけ?と見せてくれたのがこちら。植えて10年近く経っているそうで、

 
想像を超えるたくましさ!
 

12.01.2013

December 2013