6.28.2013

ユッカ(Izote イソーテ)の花

ただいま取り込み中の仕事はエメラルドグリーンの海の風景がお好きなお客様。ということでこの数週間海のイメージがあたまのなかでぼんやり漂っています。

海つながりでこちらは先月海辺で撮った写真です。
剣葉のキミガヨラン(君代蘭、Yucca recurvifolia (Y. pendula)、ちょうど花が咲いていました。



よく見るとワイルドな剣葉に似合わずアイボリーの上品な花。
見てたら舌のあたりがモゾモゾしてきて、



そういえば・・・これと似たの食べたことあるな!
とふと思い出しました。



中南米ではイソーテ(Izote)という名で、この花が咲く時期に野菜や果物といっしょにメルカド(市場)で売られていました。
白い花いっぱいのカゴを頭上に乗せたおばあさんの姿。
苦味があって癖になる味。
スクランブルエッグによく入っていては、地元の人にとっては旬の味覚のようでしきりに食べろ〜食べろ〜と勧められた季節の味。

実際食べたのは、このキミガヨランではなく、近種のユッカ(Yucca elephantipes, sin. Yucca guatemalensis)です。
観葉植物で「青年の木」という名前でよくみかけるあの(⁈)ユッカのようです。



ちょっと懐かしい花の思い出。

             
 
【今日のおまけ】
工場前のドラム缶。朽ちた具合も色合いも美しい。大きめのアジサイやラベンダーを植えてみたいな〜なんて。

 
 
 
中を覗いたら鉄屑入れでした

6.24.2013

暑さ対策

日差しが強いこちらの場所では、今年の夏に備えて乾燥対策として鉢を2重にしました。
それでも、鉢自体に直射日光があたると蒸れあがってしまうため、さらに日差し除けを
設置することに。
 
毎年生まれる反省・教訓・対策。
 
 

手前の草はハーブのレモングラス。こちらのワンちゃんがよくかじってます。生の葉は胃腸によいらしい…



【今日のおまけ】

ゾウのあし! 樹の根元。



見えますよね?



梅雨のつかの間、晴れてよかったね~



(前回登場のネコちゃんです) 今日もいい顔、いい伸び具合。



6.21.2013

しっとりと雨が続きますが

夏至の今日も雨が降っています。散歩で見かけるのんびり伸びているあのネコちゃんもこんな日はどこで身を潜めているとやら。
お庭のご相談で猫の侵入や猫の落し物についての困りごとの話をよく聞きます。猫でお困りや嫌がる方も多いのですがちなみに我が家は大歓迎。野良猫も我が物顏で草花を踏んだりへし折っていきます。





猫があそびにきます。
たまに集まっていることも。
 
 
 
 
 
 
 

6.17.2013

みつばちのいる庭

先日新しく仲間入りした中国細葉ニンジンボクのまわりにミツバチが飛びまわっていました。ふだんミツバチを見かけることがないので写真を撮るのに熱中してしまいました。その後、暑さにやられて熱中症になりかけました。この暑さ、今から気をつけないといけないですね。




6.06.2013

爽やかさん! 中国切葉ニンジンボクVitex cannabifolia

梅雨の時期ですがお天気が続いていますね。
自宅の雨水タンクもついに空っぽになっていました。


何を撮っているのかわからない写真ですが、暑かった~とだけは憶えています。


耐暑性のある花木を探していたところ、中国原産の切葉ニンジンボク(Vitex cannabifolia)に目が奪われました。見るからに爽やかナンバー1です。



夏の花木として、南ヨーロッパや西アジア原産の西洋ニンジンボク(Vitex agnus-castus ) がよく知られていますが、こちらの中国原産の切葉ニンジンボクは、切れ込みのある葉と小さい花序が特徴です。

天気予報では明日は雨が降るようですね。恵みの雨になれば幸い。

6.03.2013

蝶が舞う花 レダマ

3年目のレダマ(Spartium junceum:マメ科レダマ属)の株
 
地植えにしたら2m位に大きくなる、とのことで狭いスペースのため躊躇しましたが、エニシダのように数年で枯れてしまうこともあることから、それなら育ててみようという気になりました。
枯れたら他の植物を植え替えればいいのだものね、と狭小の庭のため弱点を逆手にとるような考え方です。
 
5月頃、
細い枝先に蝶のような花がついて
 
 
 
 
 
風がふくとふわふわと蝶が舞っているような姿
 
 
 
 
花が咲いているのは2週間ほど


ふわふわ~
 
 


あれ、ちょっと見ないうちに残り一枚の花びらに



ああ、今年も終わってしまった。

花の時期は瞬く間に終わってしまいましたが、シャープな枝ぶりなのに触って痛くはありませんし、柔らかくて風にそよいでいる姿は見ていて心地よく、庭のアクセントになって他の季節も楽しく眺めていられます。

年々好きになってきました♡

                   

今では、ああ、枯れないでほしい・・・

6.01.2013

June,2013

今年も梅雨入り宣言出ましたね。
これからジメジメした季節になりますが、紫陽花の季節でもあるので一概に悪い季節とも思えません。
こちら、先日下田で手に入れた紫陽花をモチーフとした絵葉書です。

(了仙寺近くの絵葉書屋さんにて購入)

この絵葉書はアンディーウォーホールの版画でもおなじみのシルクスクリーンという版画の手法で一枚ずつ手で摺っているそうで、店内には色が段々重なって行く作業工程の説明がありました。

紫陽花の名所は日本各地にありますね。
観光地だけでなく、町の道沿いや公園沿い、川沿いなど街を歩けば身近に見かける花の群。
見る場所それぞれにその時の思い出が宿ります。


そして、その梅雨が過ぎればいよいよ夏ですが、
こちらの絵葉書は夏の海のイメージ

下田の海
 
あ~、早く夏が来ないかなあ~
 

と、ガチャピンも言ってます☆