4.25.2012

公共(パブリック)空間って?

先週末この本(『つくること、つくらないこと』 長谷川浩紀・山崎亮 編著)の刊行記念トークイベントを聴きに青山ブックセンターへ行きました。

町は公共という概念の曖昧さからほつれでるストレスで充満している。
そうした場所を気持ちのよい状況にしていこうという考え方・・・・のヒントを得られたかな?
いまかかわっている公園や公開空地での植栽デザインにも応用できたらと思う。

公共空間のなかで、ガーデニングという要素は一般的には
人と人とつなぐためのソフト的存在、住民が参加できるアクティビティの要素
としてとらえられているのが多いのだろう。

そうしたガーデニング作業でボランティア活動などあるけれども、
こうした空間にこそ、ハード部分と共通性のある植栽デザインの
フレームをつくっておかないと、
どこもかしこも同じような季節感の
ただ植えただけの、つまらないどーでもよい花壇風景になってしまう。

季節感といっても、
地域によって、
生育環境によって、
背景の風景によって、
そして空の色によっても、大きく異なる。

その場にふさわしい植物は多種多様に異なる。
どこもかしこも春はパンジー、チューリップじゃないのだよ。

そうした多様性をもって、こだわっていかないとね。




4.17.2012

壁面緑化

次のミッションは壁面緑化。
いろんな事例を見まわっています。

植物の性質と登はん装置が合ってないものが意外と多かったりします。
場所や環境によって枯れてしまうこともありますし。

上部がきれいでも、下部は枯れてしまうこともあり。

なかなか、むずかしいのデス。

テストで植えて経過観察してから導入、の方向性でいければよいのだが。














壁をじってみてると、散歩中の人たちから大概怪しまれる。







【今日のおまけ】

今年も咲いてきました。
ティアレア ”スプリングシンフォニー”

ピンクの色合いがなんともいえないくらい可愛らしい。
それでいて、日陰の陰湿な場所でも育つエライやつ!
害虫にも強くてたくましい!

なんてパーフェクトな存在。



4.12.2012

庭メンテ


ムスカリのひとつひとつに顔を描きたい衝動にかられます。

各々がなにか言っているような顔に見えます。







愛犬の遊ぶ位置に植えてしまったグリーンのサクラソウ”ウインティ”は
踏まれ踏まれになりながらも次々と花を咲かせていました。




夏に咲く苗やクレマチスを足して帰りました。
次回訪問は5月下旬。バラがたわわに咲いているころでしょう。


4.08.2012


日本人の私には、バラ色の人生よりも、サクラ色の人生がしっくりなじみます。


4.06.2012

春のある日

植物も「ハッ!春!」と目覚めて息吹きがかかったように動きだしました。
日も延びて日中作業も次から次へとやりたいことが湧きでてきます。

わさ~、とベアグラスの花穂がでてきました。
地味だけど花なのよね。
でもきらいじゃないわよ。
筆になりそうなモサモサ感。



素朴な姿のイングリッシュデイジー。
シンプルな花のいでたち。
何度かポット苗で育てましたが
うまく根付かず(場所や時期が合わなかったのか)。
今回は種から育てたら根が張りました。
やはりじっくり時間をかけて育てるのがよいのでしょう。

桜は一気に花づきますね。
そして、あっという間に散ってしまう。
その儚さが美しさ。



打ち合わせ日を間違えた失態に気づかず
優雅に桜を観賞中
(失礼しました。でもじっくり桜を見上げて
心が満たされました)




~東京タワーと桜~
昭和に生まれてよかったー。
ノスタルジックな、いとおしさよ。


~月夜と桜~
日本に生まれてよかったー。



 
話はかわり、屋根の上の植栽。
6カ月経過しました。
当初は保水性を高めたところ、 
透水性が悪くてローズマリーが根腐れを起こしてしまいました。
改良して再度植えて、現在は育っています。

この日はエリゲロン(源平小菊)とタイムを足しました。
厚みのない土壌で植物を育てるというのはなかなかの試練ですが、
もともと植物が育つ快適な環境を整えないとうまく育たないのは当然といえば当然であり、
人間の都合でごめんなさい、と謝りながら挑戦はつづく。

ここは屋根の上です。






【今日のおまけ その1】朝の光景


はぁ~きもちいい。
手前はメス
後ろがオス




羽づくろいはきもちいいいな~。





あっ、どうもメスのピーちゃんです。




よろしく!ね!



こちらがメスのピーちゃんのドヤ顔(決めのスマイル)です! 
ボスケの広報担当候補ですが、
動きにバリエーションがないのが目下の悩み・・・

うしろから『ど~も!』とオスのピーちゃんは呑気で
気ままで戦力外。

【今日のおまけ その2】


Kさんの愛犬には好かれていないため
いつもつれない態度。
目をあわせてくれません。
右にプイッ。

左にプイッ。


「あんだよ~~」

沖田浩之にちょっと似てる
(とこっそり思ってる。昭和の人はわかるかな)



4.02.2012

April Abril 4月


Blooming time at Garden.
Cherry Blossoms' time in Japan.
 It's time to start new things with fresh feeling.