12.26.2011

柳宗理さんのデザイン

今朝、柳宗理さんが亡くなったとのニュース。


植物の造詣の美しさに涙するのと同じく、
柳宗理さんが造った生活製品の美しさに涙した。

たぶん根源は、同じ感激だったと思う。

植物や庭に対峙していつも思うのは、
自然の美しさにはかなわない、という諦念感。
それでもって、人間がなにをどうやって手を加えようとするのかとひるんでしまう。


それでも

ウィリアム・モリスの植物や小鳥のパターンや、
Art Nouveau、日本の民芸運動の工芸製品、
そして、現代に至って柳さんのプロダクトに続くように、
人間が作り出す美しく機能性あるデザインが生まれて、
それを享受できる喜びのなかで今の私がいる。


「役にたたないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」

とはウィリアム・モリスの言葉。

日々の生活・雑務に翻弄され毎日が垂れ流しで過ぎていく中で

今一度、その言葉の意味を知る。


ショックだけどこの想い書かずにいられない。



心よりご冥福をお祈り申し上げます。

そして、この世にこんなに美しい道具をありがとうございます。

 on 26th Dec 2011

12.20.2011

京都にて



無鄰菴(むりんあん)にて
 






重森三玲旧宅にて
 
京都で素晴らしい庭園を観てまわって、思ったこと。




1.庭は造る人の哲学(思想)が示されるもの。




2.庭は見る人の心をあらわに写し返す鏡。




そして、


3.庭は掃除ありき。(笑)




想いが溢れてて収拾つかないのですが、


要約すると、この3点でしょうか。




秋の暮れ
 衝撃が強すぎて、
5日暮れても、いまだ現実感が戻らず。
見たものすべて脳裏に焼き付けておきたい。




自然が主役となる庭は、時とともに変化していく。
植物は生き続け生長し形を姿を変えていく。
その先の姿を読みながら、
長い年月を経て形づくられる風景もあれば、
最初の原型を維持している庭もある。


混迷の時を経ても、維持しつづけている方々の
ご尽力に敬意の念を抱きます。

12.12.2011

オサバグサ(筬葉草)

山形の農家さんより
自分の山から採ってきたオサバグサ(筬葉草)を託されました。

いつも変わった植物をくれます。
山男なだけに、山の植物をいつも教えていただいています。

ダのような葉ですが、ケシ科で1属1種の日本固有植物だそうです。
機織りの筬(おさ)に似てることからオサバグサと由来。


私にとってはこの出会い、とってもありがたいのですが、
山野草にとって東京のぬるい夏は過酷で地獄の環境でしょう。

人間ですらクーラーなしでは過ごせないのに、ましてやこの北国の可憐な草・・・・・

詫びる代わりにせめて来年の夏、白い花に出会えるように過保護に育ててみます。

咲いたら見に来てくださいね~。
Pteridophyllum racemosum

12.05.2011

モミの枝を使ったクリスマスリースづくり

昨日のクリスマスリース教室の様子。

部屋中がモミの香りに包まれ
森林浴のような雰囲気のなか、


おひとりおひとりそれぞれ異なる、
味わいあるリースができました。

大きさも微妙に違って、
飾り方も、
かわいらしかったり、シックだったり、ゴージャスだったり、
シンプルだったり、それぞれ素敵なリースに。


フレッシュなリースなので、賞味3週間程の楽しみですが、
どうかクリスマスまで飾って楽しんでもらえますように。






参加してくださった皆さま、主催者の皆さま、
ありがとうございました。

とても楽しい一時でした。

もっとお話しできる時間があればいいのになと思う。
なので、またどこかでお目にかかる時を楽しみにしております。

12.02.2011

12/4(日)モミを使った自然派クリスマスリースづくり教室

【イベントのお知らせ】

12/4(日)に新宿住宅展示場にて、
もみの木の自然派クリスマスリース作りの教室をします。

基本型をお伝えしつつ飾り付けは
各自自由に楽しく作っていただく予定です。
ご都合よろしければぜひご参加ください!

お申込みは住宅展示場まで↓

東京都新宿住宅展示場
http://www.tokyoshinjuku.jp/fair/fair.html

リースの材料です。土台も蔓でつくりますよ!