9.29.2011

自由が丘の工務店KURASUさん

このたび、いろんな方のご縁が重なって、
自由が丘の工務店KURASUさん事務所の
植栽をやらせていただくことになりました。

本格的には来月から造り込みますが(今はまだ3割程度)
乞うご期待ください!

http://ameblo.jp/kurasu-staff/entry-11019411343.html

女性好みのKURASUさんのイメージ合うような、
また、店舗であるがゆえ、ローメンテナンスの植栽計画しています。





いつもお花に囲まれているなんて、現実的にはとても手間が
かかることです(手入れができるマンパワーが確保できれば可能ですが)。
それよりも春夏秋冬いつもきれいな状態を保てて、
かつ平凡でないような植物選びがポイントになります。


ちなみにKURASUさん、TBS番組「がっちりマンデー」
(なぜ日曜放送でマンデー??)の取材を受けたとのこと。
儲かる女チーム「なでしこ」の特集だそうです。
放送は今週日曜10/2の 7:30~。
お時間合う方はぜひご覧くださいませ!

楽しみだな~。

9.27.2011

秋のホキ美術館に行きました。

海の帰りに、ホキ美術館@千葉市に寄りました。
写実絵画専門の美術館です。
キャンティレバーの建物で、空中に30mほど建物が張り出しています。



ホキ美術館


建物の周りは芝が植栽されており、
ウェブサイトや雑誌で見た青々とした芝生の印象とは違って、
芝は花穂がでて、風にそよぎ秋の雰囲気に。


街中で花穂が出ている芝を見る機会はあまりありませんから、
かえって新鮮です。

人によっては、ただの枯れてる草としか見えないかもしれませんが、
これはこれで四季感が出ていて風情があります。

また、建物内から見た芝は、数日前の台風の影響でしょうか、
風の通り道がわかるかのごとく、
くるくると円を描いた模様できれいに倒れていました。 
(建物内からは写真が撮れず)



建物の周りは新興住宅地がすぐ近くまで迫っており、
貼り出た建物から見た風景がもっと自然溢れるものであれば・・・・
と思いましたが、
これはなにか当初の予定が変わってしまったのでしょうか。



建物裏手の駐車場になっている箇所には、
個人邸では使うことはめったにない、
ゲンコツ位の大きさのクラベル(砂利)が轢きつめてあり、
その荒々しさと建物とのマッチングに潔さを感じました。


9.22.2011

台風直撃

まだまだ元気なゴーヤカーテンでしたが、
昨日の台風でやられました・・・
横幅4m×高さ8m以上まで大きく育ったカーテンは
雨を含んで結構な重量。
金具もぐんにゃり曲ってしまったほど
大きな負荷がかかったようです。




これを機に最後の収穫をして撤去することに。
また来年!!
日陰をありがとう!!


撤去したら秋の空が広がっていました。

9.19.2011

「趣味の園芸」とおばあちゃん

「NHK趣味の園芸」。
今時500円で買える月刊専門誌なんてあまりないですね。
500円であの情報量はお得だと思います。
なんたって園芸の基本的なことがよくわかるし、市場にでる新種植物が詳しく載っている。

園芸に目覚めたころよく買ってはお風呂で熟読していました。
(なのでふやけてクシャクシャになってる号もある)





この雑誌は気付けば、子どもの頃、一緒に暮らしていた祖母が
読んでいたかTV番組を見ていたかで、
表紙のかげんや名前は記憶にあったような気がするが、
まさか大人になって自分が読んでいることに巡り会わせを感じます。

祖母は花を育てるのが好きだったので、
私の園芸のバックボーンは祖母の思い出に尽きると思っています。

今となっては、同じ思い出を姉や弟が一緒に共有していることはうれしいことです。

「台風が来る前は、おばあちゃんが鉢をしまうのに慌ててた」とか、
「春先はサクラソウをいっぱい育て、夏は赤のサルビア」
など
・・・・たくさんの思い出を。

祖母はもうこの世にいないけど、
生きてる間にもっといろいろ花談義したかったな~~、と今日は敬老の日。

おばあちゃん、ありがとう!!

 

たつおばあちゃん  大正5年生まれ 辰年
好きなもの:おじいちゃん、小品盆栽、酢豚
きらいなもの:納豆



9.17.2011

マット植物

初めて使用するマット植物。
土の厚みは3cm。
今回ベストな場所ができたので活用してみます。
経過次第で活用範囲広がるかも。





写真はローズマリーとロニセラ・ニチダ




9.16.2011

パンパ(ス)グラスの季節

パンパ(ス)グラス(panpas grass)をご覧になったことはありますか。
初めて見たときはあまりの大きさにたじろぎました。
大きいものでは6メートル近くなるとか。

羽飾りのようなフワフワとしたブラシのような花穂が風になびいて秋の風景をつくります。
10年程前は珍しかったのですが、いまは日本でもだいぶ馴染みましたね。

イネ科コルタデリア属の多年草であるパンパグラスは南米地域が原産で、
原産地であるアルゼンチンのパンパス平原から名づけられました。

植えるには公園やゴルフ場など広いスペースが必要ですね。遠く見ると葉もフワフワに見えますが、ススキと一緒で手が切れやすいので触るときはご注意を。


このサンストライプは茎が長くて花穂が立ちあがっている種類です。 パンパグラス・サンストライプCortaderia selloana 'Monrin' Sun Stripe


シルバーストライプは矮性であまり大きくならず、大きくなっても高さも1.5m程です。 小さなスペースでも植えられますよ。 パンパグラス・シルバーストライプCORTADERIA selloana 'Silver Stripe'



ほかにもピンクやロゼ色の花穂の種類もあります。
どれも日向でカラッとした場所を好みます。
 



9.14.2011

南蛮煙管 (ナンバンギセル)

今宵も月がきれいです。今夜の月は十五夜から3日目(17番目)の月で
立待月(たちまちづき)というそうな。
南蛮煙管は南蛮の煙管に形が似ていることからついた名前。
ススキなどイネ科の株元でひっそりと咲いていますが、
これは寄生虫ならぬ寄生植物。
自身で栄養を作れないため他の植物から栄養をもらってしたたかに生きています。


Aeginetia indicaハマウツボ科ナンバンギセル属

9.13.2011

秋の風景・ワイルドオーツの寄せ植え

 
今晩は十五夜の次の日にためらいながらでてくる月、十六夜(いざよい)。
 
満月をイメージしたゴールドの鉢にワイルドオーツを中心とした秋の寄植えです。
ほかにオミナエシ、鷹の羽ススキ、縞ススキ、フジバカマなど、
の野草が入っています。
ワイルドオーツ(Wild Oats)。
ただの草なのですが、頭が垂れた姿が風になびくと美しく、
また、立ち枯れていく姿も美しい大好きなプランツです。
称で西洋小判草、宿根小判草ともいいます。
小判草は楕円の形なのに対し、ワイルドオーツはギザギザがついた形です。

ワイルドオーツ(Wild Oats)
Chasmanthium latifolium   
イネ科チャスマンティウム属

9.12.2011

秋よ~来い!

今夜は中秋の名月ですね。
先ほど慌てて月見だんごを買いにいったら売り切れでした。
明日に持ち越しです。。。

先週からお庭のメンテナンス再開しましたが
酷暑続きで植物にとってもまだ過酷な状況です。
植え始めはもう1~2週間待ったほうがよさそうですね。






物の苗も9月下旬からいろいろ揃いはじめますので!!!

9.06.2011

余はく :キッチンハーブの魔法

ネクスト・アイズ社発行のマガジン「余はく」に私の記事が載っています。
ハーブの育て方のポイントということでハーブの寄せ植えを提供しました。


雑誌のカメラマンさんに写真を撮っていただいたので
さすがに良く撮れています(私でなくて植物が・・・)。



また、この日は最良の出会いが重なりました。
これは後日実を結ぶかもしれません。
その時はまたご報告いたします。

ちなみに都内の主要JRターミナル駅他で入手可能とのことです。
もし偶然見かけたら手にとっていただけると幸いです。



9.02.2011

気になる道具: 雑草抜きドリル

気になる。ドリル式雑草抜き。
ビットだけでも買ってみようか。
でも思うのが力のない人にとっては重い電動ドリルをもつこと
自体に負荷がかかることもあり(心理的にも)。
作業的にはどちらが楽になるのかな。

なおこのビット、インパクト式への対応不可とのこと。(残念!)

使い方説明のYou tube動画が牧歌的でなごみます~~。


NHKまちかど情報室で紹介 電気ドリル利用の草抜きビット! 雑草抜き:抜けるんですビットとドリルセット
http://store.shopping.yahoo.co.jp/engei/67000.html